座りっぱなしが及ぼす影響

こんにちは、ブログを書きながらタイピングが早くなった管理人の白須です。

先日書いたブログで長時間座りっぱなしが身体にとてもリスクであることについてもっと教えて欲しいとメッセージをいただきました、ありがとうございます。

 

今回も座りっぱなしが及ぼす影響について書いていきたいと思います。

 

今まで身体を動かすことが仕事だった私ですが実のところ、現役時代は肩こりや腰痛といったことがほとんどなく、練習中に首相撲という練習で骨がずれて肩こりのような痛みやパンチをもらって首の筋を伸ばして首が回らなくなったということはありました。

 

普段から肩こり、腰痛に悩まされている方の辛さが実はあまりわかっていませんでした。

 

肩こりがひどく辛い、肩こりからくる偏頭痛、慢性的な腰痛と聞いても運動すれば良くなるのになっ!と思っていました。

 

ここ最近パソコン作業が増え、身体を動かすことが減り、座りっぱなしが多くなると肩こり、前のめりによる首の痛み、身体がガチガチに固まっているのを感じ、みなさんが言っていた痛み、身体の不調がわかりました。

 

そして座りっぱなしは肩こりや腰、首の不調以外にお腹が空かない、お腹周りにお肉が付きやすい、筋肉の減りが早い、ちょっとシワが増えた気もするといった症状も感じました。

 

調べたところ、1日8時間のデスクワークを行う人は約300カロリーを消費し、ウエイターや立ち仕事をしている方は約1300カロリーを消費しているそうです。1000カロリーも消費カロリーが違うんですね。

 

動いていない分、お腹も空かない、口が寂しくなり間食してしまう。朝ごはん、お昼、夕食

と消費カロリーより摂取カロリーの方が多くなるため、太ってしまう。

 

さらに悪い姿勢で長時間座りっぱなしでいると背中が丸まり、腹筋、背筋、お尻の筋肉などが弱くなり血液循環、リンパの流れも悪くなり、むくみやたるみが目立つようになる。

背中が丸まることで内臓を圧迫し内臓疾患や便秘を引き起こし、肌荒れにも繋がります。

 

悪い姿勢は美容のトラブルにも繋がるんですね。

私も肌荒れやシワなど気になる年頃です。きおつけないとですね。

 

長時間悪い姿勢で座る影響は、肥満になる、動かないので身体が固まる、内臓を圧迫して内臓機能が悪くなるので美容のトラブルにもなるです。

 

まだまだ悪い影響はたくさんありますが今日はここまでにしますね。

 

普段から

スッと背筋が伸びた姿勢は全身の筋肉を使い腹筋、背筋を意識できるようになりインナーマッスルが鍛えられポッコリお腹も減りカッコいい姿勢となります。

姿勢が良いと自信にも繋がり、安心感や信頼感も与えます。

 

初めはスッと伸びた姿勢を保つのが辛いかと思いますが意識して続けていくことでいつの間にか良い姿勢に変わっていきます。まずは普段から姿勢を意識して長時間座り過ぎず、定期的に立ち上がり身体を動かしてください。

 

健康的にカッコいい姿勢になれる良いうに頑張っていきましょう。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

座りながら骨盤を整え、さらに腰を温めてくれる姿勢改善の最新の腰サポーターはこちら↓

https://betterback.jp/

 

正しい姿勢で外出先でもパソコン作業ができるスタンド機能搭載ノートパソコンバッグはこちら↓

https://mobicase.jp/